2016年06月24日

4話のこぼれ話



ニコニコ静画でスピーシーズドメインの4話が公開されてふと思い出したのですが、
実は単行本では見切れてカットされている手書き台詞があります。

20160624.jpg

それがこの長渡さんの「なんかゴメン」です。
これの有無で後の「よかった」の意味合いが変わりかねませんね。

実は雑誌と単行本では縦横の比率が微妙に違うため、
雑誌でギリギリ端に入っていたような箇所は単行本では見切れます。
逆に雑誌では見切れてた上下は単行本では入ってたりします。

一巻の単行本作業で知るまで全く気にせず雑誌サイズで描いてたので、
二巻の途中くらいまでは左右が見切れ過ぎて
バランスの悪いコマがちらほらあります。
上下に余白が入っているのも、単行本には上下が足りてなかったためです。
この辺は原稿のサイズを設定出来るデジタル作画の問題だと思います。多分。

それにしても
「もう三年近く連載してるのに上達しないなぁ…」と思ってたんですが、
一巻見返すと意外と上達してるかも…と思わないでもない。
作画速度は全然上がってないというか、むしろ遅くなった気すらするけど。
なんだかんだで描き込みが増えたからかな…そうじゃないかな…。
posted by 俊 at 02:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
へーへーへー
他の漫画とか読んでいてもぜんぜん気になったことがありませんでした
そういう場合比率を微妙に変えて全部そのままだと思い込んでました……
Posted by TotO at 2016年07月02日 23:49
なんと!単行本だけで満足してしまっていた!
Posted by ak at 2016年07月10日 07:55
ほほぅ、そんなことが・・・
ところで・・・・
風呂敷を広げまくったキョン♀の風呂敷畳みをみたいんだぁぁぁぁぁぁぁ
Posted by 名無しのファン at 2016年08月29日 03:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175801907

この記事へのトラックバック